TOP

ご縁がない…けれど

式も披露宴も挙げず、紙切れ1枚と結婚指輪(妻の分のみ)だけの儀式。

なので儀式というより形式。

私も妻も全くブライダルというものに興味がなかった…どころか面倒なものとしか感じてなかったので。

当時は身内婚みたいな言葉もなかったですからね。

やるとなれば、それなりに人を集めたりなんやかんやというイメージしかなくて。

でも、もし今だったら?今当時の年齢だったら?

親孝行という意味合いが必要であればシンプルな身内婚ぐらいはやったかもしれませんね。

とにかく、女性全員すべてが全てそういうものに憧れているわけではないと思うのです。

中にはいるんです。そういうのはちょっと…という女性も。

だから、簡易に済ませられるものも必要だと思います。

憧れというところからは話が逸れてしまったかな?^^;

.

最終更新日:2014-03-11 19:49

コメント (0)