TOP

ヒートショックプロテイン

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


体に熱を加える事で、傷んだ細胞を蘇らせてくれるプロテイン(タンパク質)。それがヒートショックプロテインです。
熱を加えるということは、体を火で炙るというわけではなく(笑)体温を上げるということです。
そのための近道が「入浴」。いやが上にも体温は上がります。
半身浴よりも少し高めの40~42度ぐらいが理想ですが、平熱が低い人はもう少し低い湯音でもオーケーです。
10分から15分浸かるのが理想ですが、体が疲れてしまっては元も子もありませんので、舌下温を計ってみて平熱より1.5度ほど上がったところで出てしまっても大丈夫。効果は4日ほど続きますので週に2回も行えば充分です。代謝がよくなり冷え性にも効果的ですよ。
ただし、高い温度ということで交感神経が働きやすくなりますから、眠るためにリラックスしたいという日にはオススメできません。
高温と低音を目的に合わせて上手く使い分けるのがベストですね!

美意識高い女子におすすめのコスメアイテムはこちら。 [PR]

.

最終更新日:2015-02-21 03:33

シェア本文内に広告が入る場合があります。不要な場合は削除して下さい。

コメント (0)